シズカゲル 使い方

シズカゲルの基本的な使い方と応用テクニック

投稿日:

シズカゲルの使い方は特に難しくないので、少なくとも基本的な流れを把握しておきましょう。

顔と手が不衛生な状態で使用するのは良くないため、それらを綺麗にすることから始めます。続けて3cmほど手にとるのですが、いきなり顔に塗ってはいけません。手の上で広げてから顔につけてゆっくり伸ばしていきます。塗り込むというよりもマッサージをして染み込ませていくことを意識してください。あまり馴染んでいないところには軽く重ねづけしましょう。

日頃は上記の使い方だけでも十分ですが、週に1念入りに使用する時間を確保するのが望ましいです。

そのときは手につける前に、手の温度を上げておくのが基本となります。ただし、ヒーターなどを使う必要はなく、両手を合わせて擦り合わせておくだけで構いません。また、温かいお湯に少しの間手を浸しておくという方法もあります。そうすることにより、普通につけるときより肌に浸透しやすくなります。また、準備の洗顔においても温度を意識してください。水ではなく、ぬるま湯を使用することにより、同様に効果のアップを期待できます。

さらに、他の美容グッズによって効果を補強することも有効なテクニックです。

具体的には、使用した後に乾燥しそうだと感じたら、乳液などを使って潤いが逃げないように工夫しましょう。保湿力が低いわけではありませんが、さっぱりとした液体であるため、肌質によっては乾燥しやすいと感じる場合があります。そのため、乳液で肌に蓋をすることによって、乾燥のリスクを下げるというわけです。ただし、乳液を塗り過ぎる必要はないので、薄く広げてコーティングするイメージで伸ばしましょう。そうすることで、しっとりとした質感が続きやすくなるのですが、それ以前に保湿力が不足していると感じる人もいます。その場合は、他の美容液や化粧水で水分を補給しておくことが有効な対策です。ただし、乳液を塗ってからだと、浸透しにくくなる恐れがあるので注意が必要です。

ひどい乾燥肌の場合は上記の使い方をするだけでなく、2回にわけて実施することもポイントになります。

2回目も使い方に変化はなく、基本の逃れに沿って行うだけでも構いません。また、乳液のコーティングが物足りないなら、クリームやワセリンを併用するのが得策です。一般的な量の目安である3cmよりも多めに使用すると、潤ったように感じられる場合もあります。とはいえ、つけすぎても意味はないので、2倍の6cm程度の留めておきましょう。

-シズカゲル 使い方

Copyright© シズカゲルは効果なし?口コミや人気が半端ないから試してみて思ったこと , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.