シミ対策

シミ対策を食べ物から考える

投稿日:

 

シミができている事に気がついたとき、とりあえずお化粧で隠すことはできるでしょう。でも鏡を見れば嫌でもシミが見えてしまいますから、綺麗な肌を目指してシミ対策を始めたほうが良いです。そこで具体的なシミ対策を考えるとき、美容化粧品で改善していくことも重要ですが、普段の食べ物を見直すことも効果的です。人間の血も肉もすべて食べ物が材料となっていますから、何を食べているのかで肌の美しさが大きく変わります。

ポイントとしては抗酸化作用を持つ栄養を摂ること、そして新陳代謝を活性化させることです。それができる食べ物を、積極的に選ばなければいけません。まず抗酸化物質を摂るべき理由ですが、シミは紫外線や摩擦などの刺激を受けて、活性酸素がつくられるところから始まります。活性酸素はメラノサイトを刺激してメラニン色素を分泌し、大量に作られたメラニン色素が黒化して肌に残り続けるとシミと呼ばれます。ですから、抗酸化作用を持つ栄養を摂っておけば、活性酸素の量を減らす事ができますから、肌に外部から刺激を受けてもメラニン色素が生成される量は少なくなります。

そんな抗酸化作用を持つ栄養には何があるのかというと、代表的なものはビタミンC、ポリフェノール、カロテノイドなどがあります。ビタミンCは柑橘類やブロッコリーなど、ポリフェノールはブルーベリーやチョコレートなど、カロテノイドは緑黄色野菜や海藻に多く含まれています。

もうひとつの新陳代謝についてですが、メラニン色素が黒化したとしても肌の新陳代謝が正常であれば、しばらくすれば角質と一緒に垢として体の外に排出されます。ところが加齢や乾燥などが原因で新陳代謝が遅くなるといつまでも肌に残ってシミは消えません。そこで摂取しておくべきなのが、新陳代謝を促すビタミンC、新しい肌細胞を作るのに必要なタンパク質ビタミンB亜鉛などです。ビタミンCが摂取できる食べ物は同じとして、タンパク質は肉や卵、ビタミンB群は牛肉に赤身の魚、亜鉛はカニや牡蠣に多く含まれます。

これらの栄養が摂れる食べものを中心に食事のメニューを決めれば、立派なシミ対策として通用します。なお、水溶性のビタミンCやビタミンB1・B2は、茹でれば茹で汁に溶け出して口に入る量が少なくなってしまいます。また加熱をすると壊れる栄養もありますから、どんな形でも必要な食べ物を揃えておけばよいわけではないです。シミ対策をするためには、栄養が流れたり壊れたりすることなく摂取できる方法も検討をするべきです。

 

塗ってシミ対策をするシズカゲルもオススメです

-シミ対策

Copyright© シズカゲルは効果なし?口コミや人気が半端ないから試してみて思ったこと , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.