シズカゲル 効果

シズカゲルには副作用はあるの!?

投稿日:

 

シズカゲルはオールインワン化粧品としての役目があり、化粧水や乳液、美容液などの成分が一つのチューブの中に含まれている化粧品です。

シズカゲルはエステティシャンのキャリアを20年以上持っている人と、皮膚科の専門医の研究によって作られた製品となっています。美白効果もあり、べたつきが他のオールインワンゲルに比べるとないため比較的さっぱりと使用することができます。

このシズカゲルは、美白効果はあるもののすでにできてしまっているシミに対してはあまり効果を示しません。

これは含まれている成分に、出来ているシミに対して効果のあるものが含まれていないためです。天然成分を使用していますが、それだけでは保湿効果を得られることは難しく、使用すると人によっては乾燥を感じてしまうことがあります。

シズカゲルに含まれている成分は、有効成分にアルブチン、そのほかの成分としてフランスカイガンショウ樹皮エキス、ビルベリー葉エキスや、シア脂、天然ビタミンEや水酸化ナトリウム、オリーブオイルやユキノシタエキス、トリイソステリアン酸グリセリンなどが入っています。

シズカゲル自体は医薬部外品であり、厚生労働省からも認められた薬用化粧品ではあるため、副作用が起こる危険性は少ないです。

有効成分のアルブチンは、美白化粧水に多く含まれている成分であり、別名ハイドロキノン誘導体と言います。メラニンンの生成を抑えることができ、この作用によってシミやそばかすを防ぐことが期待できます。

ですが、このアルブチンには、できてしまったシミを完全に消すことはできません。

新たにできるのを防ぐことができる作用のみです。

そして人によっては、アルブチンの成分が肌と合わないことがあり、特に敏感肌の場合は注意が必要となる成分です。

敏感肌の場合は、使用することで軽く炎症のような副作用が起こる可能性も否定できません。同じように防腐剤であるフェノキシエタノールも肌が弱い場合、刺激となることがあります。

フェノキシエタノールは玉露茶を錠本で蒸発させ、それが大気中に流れたときの成分であり、天然のものではあるのですが、刺激を感じることから一般の化粧品の場合は配合上限が1%と定められています。

刺激を感じるのは個人差がありますが、特に肌荒れを起こしている時はシズカゲルを使用してしまうと、ひりひりとした感じになることがあるので、使用する前は肌の状態をよく見る必要があります。

フランスカイガンショウ樹皮エキスは、フラバンジェノールをさしています。ビタミンCの600倍ほどの抗酸化作用があるエキスであり、しわができにくくなる効果が期待されている成分です。

このほか、Nステアロイルフィストフィンゴシンなどが含まれており、セラミドに関した成分が多く含まれているのが特徴です。

保湿効果がある成分ではありますが、この成分もまた、使う人によってさらに乾燥をしてしまうことがあり、オールインワンゲルでありながら、さらに保湿をしなくてはならないこともあります。

健康を害する副作用はないものの、すべての人に美白と保湿効果が得られるのではなく、肌の状態によっては乾燥肌が逆に悪化してしまうこともあります。どのような化粧品においても大切なのは、使用する前にパッチテストなどを行うことであるので、手のひらに出してみて、どのくらい肌に浸透をしていくか、肌の乾燥は起きにくいかなどを確認するようにしてください。

この薬用化粧品は天然の成分でできているオールインワンゲルです。紫外線によるメラニンの生成を抑え、シミやしわ予防に効果が期待できるものではありますが、肌を傷めないようにするためにも必要以上につけないことも大切になってきます。

-シズカゲル 効果

Copyright© シズカゲルは効果なし?口コミや人気が半端ないから試してみて思ったこと , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.